ワセリンで乾燥に強くなろう|驚異的な保湿力で潤いが継続します

クリーム

肌のバリアになる

鏡を持つ女性

スキンケアの後にワセリンを塗ることで、肌の水分を外に逃さないようにする働きがあります。また、ワセリンはアトピー性皮膚炎の症状を抑える働きもあるので、肌のバリアとして最適です。

More Detail

ワセリンの便利な用途

クリーム

ワセリンは顔だけでなく体全体に使用出来るため、ハンドクリームやリップクリームなどがない場合でも全身の乾燥対策が行なえます。また、靴ずれのケアなどにも効果を発揮してくれるのです。

More Detail

ワセリンの魅力

ハンド

乾燥対策に最適なアイテムとして注目されているのがワセリンです。医療の現場でも利用されることが多く、その安全性はとても高いことが知られています。ワセリンは生まれたばかりの繊細な赤ちゃんの肌にも塗ることが出来るので、敏感肌の人のスキンケアにも最適です。治療薬などではないので肌の治療が可能というわけではないのですが、肌の乾燥を予防して肌トラブルを予防する効果はあります。ガッサガサで嫌な肌触りからの卒業を果たしましょう。驚異的な保湿力で潤いが継続します。

市販のワセリンはとても安価な値段である場合が多く、簡単に手に入ります。ドラッグストアやコンビニなどで販売されていることが多いので、身近な存在であると言えるでしょう。石油を専門的な技術によって精製するという方法でワセリンが作られるのですが、使用を検討している人は石油という成分に危機感を抱いている場合がほとんどでしょう。原料が石油だからと言って心配する必要は全くありません。不純物がしっかりと取り除かれている状態であるワセリンは、肌に塗っても副作用などが現れないのです。乾燥する季節にはスキンケアと併せてワセリンを使用して、確実に乾燥対策を行なうことが重要になります。

ワセリンは大きく分けて二種類あり、白色ワセリンと黄色ワセリンはそれぞれ身近な場所で手に入れることが出来ます。値段や純度には差があり、それぞれに適切な使用法があるので、購入する前に詳細を知っておくことが大切です。もし肌に使用することに不安がある場合は、皮膚科の医師などの診察を受けてから使用するか否かを相談してみると良いでしょう。

使用する上で気をつける点

笑顔の女の人

原料が石油だからと言って危険なわけではないワセリンであっても、紫外線を浴びることで酸化してしまいます。油焼けによって肌トラブルの発生を予防するためにも、注意点を理解しておきましょう。

More Detail