ワセリンで乾燥に強くなろう|驚異的な保湿力で潤いが継続します

女の人

肌のバリアになる

鏡を持つ女性

空気が乾燥する季節などは肌がカサカサになってしまうことがあります。肌の表面の水分が失われることが原因ですが、肌内部の水分も同時に失われてしまうと、ニキビなどの肌荒れトラブルが起こる可能性が高まってしまいます。そのためには、毎日のスキンケアで徹底的な乾燥対策を行なうのが最適でしょう。お風呂あがりには毛穴が開いている状態で、潤いを与えるには最適なタイミングです。化粧水や美容液でケアを行なった後は、水分を閉じ込めるために美容クリームなどを塗ることもありますが、成分が合わず肌が荒れる可能性があります。しかし、ワセリンであれば肌に優しく安全なので、肌荒れのリスクを軽減することが出来ます。ワセリン自体は肌に浸透することがないので、肌のバリアの役割を果たすのです。

ワセリンは肌内部の水分が蒸発してしまうことを防ぐ効果があります。そのため乾燥対策に最適だと言われているのですが、アトピー性皮膚炎の症状を予防する効果も期待出来ることが分かっています。このアトピー性皮膚炎は外的な刺激によって炎症がひどくなってしまうことがあります。ホコリやダニなどのハウスダストがアレルゲンとなり、繊細な肌を刺激するのです。しかし肌のバリアとなるワセリンを使用することで刺激を緩和し、痒みが発生することを抑える効果が得られます。アトピー性皮膚炎の治療に使用されるのはステロイド系の薬品である場合が多いのですが、副作用のリスクがあるので、体調面を考えて炎症の対策を行なうのであればワセリンが最適だと言えるでしょう。特に純度の高い白色ワセリンは肌に優しいので安心して使用することが出来ます。