ワセリンで乾燥に強くなろう|驚異的な保湿力で潤いが継続します

女の人

使用する上で気をつける点

笑顔の女の人

乾燥対策として最適なワセリンですが、使用方法にはいくつかの注意点があります。まず第一に、ワセリンの原料は石油です。純度が高い白色ワセリンはもちろん、比較的リーズナブルな黄色ワセリンであっても肌に塗る分には特に問題がありません。石油が原料とは言え、有害な成分はしっかり排除されているのです。しかし、顔や体に塗ったまま紫外線を浴びてしまった場合、油焼けを起こす可能性があります。紫外線を浴びたワセリンは急速に劣化し、酸化した状態になります。ワセリン自体の質が落ちてしまうと乾燥対策どころではなく、火傷のような肌トラブルが起こってしまうのです。白色ワセリンでも油焼けを起こす可能性があるので、外出する時には出来るだけワセリンの使用は避けると良いでしょう。薄く伸ばすように塗っていれば安全性が増します。厚く塗っているから乾燥対策の効果が上がるわけではないので、自分自身で適切な使用法を知っておく必要があるのです。

ワセリンを使用する上で気をつけるべき点は複数ありますが、使用方法をしっかり守ることが最も重要です。市販の白色ワセリン・黄色ワセリンにはそれぞれ保湿効果がありますが、肌の弱い人は念のために純度が高い白色ワセリンを使用するようにしましょう。黄色ワセリンが危険であるというわけではなく、純度が高い方が低刺激であるということに注目する必要があります。また、アトピー性皮膚炎の予防としてワセリンを使用する場合、皮膚科の医師に判断を委ねることも大切です。皮膚の状態や体調によってワセリンも刺激になってしまうことがあります。いくら安全であるとは言っても、皮膚の治療という面から見ると適さないということも考えられるのです。正しい情報をしっかり知った上で、ワセリンを使用した乾燥対策を行なうと良いでしょう。